icon_contact icon_blog icon_create icon_good icon_plan icon_price icon_staff

【目指せ!インスタ映え】被写体別おススメフィルター 1

こんにちは。
名古屋の成果を魅せるSEO対策・ホームページ作成会社、
エフカラーデザインオフィスの伊藤です。

 

 

 

Instagramを見ると、おしゃれな写真がたくさんですね。

 

『インスタ映え』なんて言葉が定着し、きれいな画像をアップするのが

当たり前になってきました。

 

 

Instagramにはたくさんのフィルターが搭載されていますが、いまいちどれがどんな効果か

分からない…

 

 

そこで今回は、被写体別おススメフィルターをご紹介いたします◎

取るときのちょっとしたコツもお教えしますので、ぜひご参考にしてください。

 

 

 

 

前半は、ほとんどの人が撮るであろう『食事』と『人物』です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事をとるときのコツ

 

1.写真を明るく

インスタ映えしそうなディナーのレストランで撮った写真は、どうしても暗くなりがち。

 

食べ物もおいしくみえないので、そういうときは写真の明るさ(明度)をあげましょう。

 

 

2.コントラスト・彩度をあげる

色鮮やかに見せるために、コントラストや彩度上げてみましょう。

 

野菜はよりカラフルに、お肉は赤みがかって、おいしそうに見えます。

 

 

3.青みを取り除く

ライティングが蛍光灯の場合、写真が青みを帯びてしまいます。

 

食欲は赤っぽい写真のほうがそそられるの定説!ライティングに気を付けましょ

う。

 

 

 

 

 

 

 

食事の写真のおすすめフィルター

 

◆Clarendon

 

写真の影を濃くし、写真のもっとも明るい「ハイライト」の部分を、さらに明るくしてくれるフィルター。

 

 

 

◆Lo-Fi

 

彩度をあげ、周囲の色を目立たせないフィルター。被写体をくっきりさせたいときにお勧め。

 

 

◆Hefe

 

LO-FIと似ていますが、それよりも力強いコントラストが特徴。屋外でも屋内でも、色をハッキリと出したいときに。

 

 

◆Crema

 

エスプレッソの表面にできる泡という意味。うっすら、赤みが足してくれるフィルター。

 

 

 

 

 

 

 

人物を撮るときのコツ

 

 

 

  1. ピントは、しっかり!

写真を上手に撮る基本は、ピントを合わせるということが大切。スマホは、ピント

を合わせたところに

 

明るさが合うようになっているので、被写体を的確な明るさで撮るためにも、ピン

トを意識。

 

 

  1. 背景は壁を利用

 

プロの写真のように後ろを壁にしてみましょう。ピントも合わせやすくなり、一気

にプロっぽい仕上がりに!

 

 

人物の写真のおすすめフィルター

 

 

◆Reyes

青みを押さえた色合いになり、ビンテージ調に施された印象になるフィルター。優しい感じに。

 

◆Rise

中心に白みがかるフィルター。オレンジ色が淡く入るので、甘めの雰囲気になります。

 

◆Walden

強めにクリーム色かかって、薄く霧がかった透明感を出したいときにピッタリのフィルター。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

次回は、『風景写真』と『動物』を撮るときのおすすめをご紹介いたします。

 

お楽しみに^^

エフカラーデザインオフィスでは、ホームページだけでなく、広告物(パンフレット・チラシ・ロゴ・ショップカード・看板等)デザイン制作も
トータルで承ることのできる幅広い対応力で、ムリ・ムダを省いた費用対効果の高い制作を得意としています。

 

「古くなったホームページ、そろそろリニューアルしたい」

「自分の会社は何の広告を作ったら、どんな風に良くなるんだろう?」

「ホームページのコト、なにもわからないから相談したい」

という今より少しでも変化したいという方へ、具体的なイメージをご提案致します。

まずはお気軽にお電話ください!

―――――――――――――――――――――――――

名古屋のホームページ作成・SEO対策・Webマーケティング会社なら
エフカラーデザインオフィス
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目16-2-302
https://fcolor-d.com/

TEL 052-228-8432
FAX 052-228-8452