icon_contact icon_blog icon_create icon_good icon_plan icon_price icon_staff

【2019年最新】WordPress初心者必見!SEOおすすめプラグイン5選

名古屋のホームページ作成会社、
f color design office.(エフカラーデザインオフィス)
制作スタッフの山田です。

 

前回、【2019年最新】WordPress初心者必見!厳選おすすめプラグイン5選

をご紹介しましたが今回はその続きで

 

おすすめのプラグインのなかでも

 

SEOに効果があるものをご紹介します。

 

装飾のお気に入り登録ができる『AddQuicktag』

 

AddQuicktagの画像

 

AddQuickTagをインストールすると、
任意のコードを登録することができ、
記事内にボタンひとつでコードを挿入することができるようになります。

 

例えば、下記のように文章中の文字を赤くする装飾をしたい場合、
毎回HTMLやCSSコードを入力するのはとても大変です。

 

■表示例
装飾のお気に入り登録ができる。

 

■上記のHTMLコード
装飾の<font color=”red”>お気に入り登録</font>ができる。

 

上記の「<font color=”red”>~」は
文字を赤くするためのコードになります。

 

そういったコードをあらかじめ登録しておくと、
必要な場所に入力でき、
記事作成作業の手間と時間を短縮することができます。

 

また、文章内の装飾を増やすことで
読みやすさも格段にアップ!

 

ユーザビリティを意識することは、
Googleの評価も上がりやすく
直接的ではありませんがSEOにも効果的です。

 

※HTML:「HyperText Markup Language」の略称で、
ホームページを作成するために必要な言語。

 

※CSS:「Cascading Style Sheets」の略称で、
ホームページ内の色・背景などの体裁を指定する言語。

 

※コード:HTMLを入力する上で決まった様式のこと。
例に使われている「<font color=”red”>~</font>」など。

 

『AddQuicktag』のダウンロードはこちら

 

投稿画面の機能を増やせる『TinyMCE Advanced』

 

TinyMCE Advancedの画像

 

TinyMCE Advancedは、記事を作成する時に使用する
投稿画面にあるビジュアルエディタのツールバーを
拡張してくれるプラグインです。

 

画像1

 

画像1は通常の投稿画面のビジュアルエディターです。

 

画像2

 

インストール後は画像2の設定画面を見ることができるようになります。
そこで「使用しないボタン」のところに表示されているものが
現在ツールバー上に表示されていないものになります。

 

この中から常にツールバー上に
表示しておきたいボタンをドラッグ&ドロップ。

 

画像3

 

設定後のビジュアルエディターが画像3です。

 

ワードなどのように、
フォントサイズや、文字のセンタリング、表の作成、
下線を引いたりすることができるようになります。

 

『TinyMCE Advanced』のダウンロードはこちら

 

リンク切れのチェックができる『Broken Link Checker』

 

Broken Link Checkerの画像

 

投稿した記事のリンクが切れていないかを
チェックするのにおすすめのプラグインが
Broken Link Checkerです。

 

記事が増えてくると、
過去記事内のリンクがきちんとつながっているのか
チェックするのは難しくなります。

 

そのためにもせっかく記事を読んでくれた方が
リンクをクリックして「なんだリンク切れか…」
とガッカリさせることのないよう早めに対応しましょう。

 

Broken Link Checkerのすごいところは、
チェックするだけではなく、

 

「記事内に貼ってるリンクが切れてる!」
「あ、この画像も呼び出せてないよ!」

 

とお知らせしてくれて、
さらに、URLの削除をするか・編集し直す・このままにしておく、
などの提案までしてくれます。

 

というようにサイト内のリンク切れを自動的に検出し、
通知する設定ができるようになります。

 

リンクが切れたままになっていると、
Googleからの評価も下がりやすくなるため
SEOにも効果的と言えます。

 

『Broken Link Checker』のダウンロードはこちら

 

フリー画像を提供してくれる『Pixabay Images』

 

Pixabay Imagesの画像

 

Pixabayとは無料写真素材や動画を提供しているWEBサイトで、
中でもこのPixabayは高品質で種類も豊富。

 

そんなバラエティ豊富なサイトがプラグインのPixabay Imagesです。

 

記事を書いたけれど、記事に合う画像選びは大変!!
そんな悩みを解決してくれます。

seo的な観点から見て、画像もコンテンツの一部です。
インストールすれば、投稿画面上で画像選びができるため、
パソコンにダウンロードをして、WordPressにアップロード…
なんて面倒な作業もなくなります。

 

『Pixabay Images』のダウンロードはこちら

 

Googleに更新情報を通知する『PubSubHubbub』

 

PubSubHubbubの画像

 

PubSubHubbub(パブサムハブハブ)という
舌を噛みそうな名前のプラグイン。

 

このプラグインは記事を更新した直後に、
そのいち早く更新情報をGoogleに通知してくます。

 

なぜ早く通知してもらうのがいいのかいうと。

 

更新後は記事について、
TwitterやFacebookに更新状況を
アップするなどを行うと思います。

 

TwitterやFacebook、RSSフィードなどを利用して、
他人の記事をクロールしてコピーしてしまう
悪い人が世の中にはいます。

 

あなたの記事をコピーした人が、
オリジナルのあなたの記事よりも早く

 

Googleにインデックスされた場合、
Googleは後発のあなたの記事こそ、
コピーなのではないかと勘違いしてしまう可能性があります。

 

先にインデックスさせないことが目的のプラグインですが。

 

このプラグインを設定しておけばSEOにも効果的!
Googleからの評価を受けるスピードが早いので
必然的に検索結果の順位も上がりやすい傾向になります。

 

※RSSリーダー:「Really Simple Syndication」の略で、
Webサイトの更新情報の日付やタイトル、
その内容の要約などを配信するため技術。

 

※クロール:Webサイトの情報を収集して
検索データベースシステムに
登録するロボット“クローラー”の行動のこと。

 

※インデックス:GoogleにWebサイトのページを登録すること。

 

『PubSubHubbub』のダウンロードはこちら

 

おわりに

 

いくつかのプラグインをご紹介してきましたが、
おすすめしたものはWordPressのプラグインとしても、
ほんのごく一部。

 

きっとWordPressを使いこなしていくうちに、
サイトに合うプラグインがどんどん見えてくるはずです。

 

そんなよりよいサイト作りのためにも
今回掲載したプラグインをお役立てください!

 

参考サイト:
Naifix
パソコン修理のエヌシステム ブログ